Instagram検索「投稿数」の仕様。APIで取得できる件数が食い違う理由

InstagramAPIで取得したデータ件数と、Instagram上での検索結果の件数が食い違う事があります。

#インスタ映え の投稿数は3,931,999件ですが、API・その他方法で取得した場合は、必ずこの表示されている投稿件数より少なくなります。

この件数差についての原因は以下の3つが考えられます。

  1. Instagramの検索結果は非公開アカウント(鍵付きアカウント)からの投稿もカウントしているから
  2. 対象のハッシュタグをつけずに投稿し、後ほど編集して再投稿したため
  3. コンテンツフィルタリングによってAPIに反映されない

①について、Instagramの検索結果はいわゆる鍵付きアカウントの投稿もカウントしていますが、鍵付きアカウントからの投稿はAPIに反映されません。よって投稿数が食い違います。

②について、取得方法などにもよりますが、クロールのタイミングによっては取得できない場合があります。

③について、肌色多めの衣装を着た女の子のダンスしている投稿がどうやってもAPIを介して取得できないという現象がありました。(公序良俗に反すると判定されてしまったため?)また、Twitterでいうクオリティフィルターのようなものもあるようで、作りたてのアカウントからの投稿はAPIに反映されないケースがありました。

かなりニッチな情報ですが、なにかご参考になれば幸いです!